シラバス - 英語I(453)

  • ナンバリングコードCode
    COR-lit1-103
  • 科目名Subject Name
    英語I(453)
  • 担当者名Instructor
    大津 敦史
  • 単位Credit
    1
  • 履修年次Standard Year for Registration
    1
  • 学期Semester
    前期
  • クラスClass
  • 曜限Day/Period
    月曜1時限
  • 教室Classroom
    ダミー教室
  • 授業形態Course Type
    実験・実習・実技
  • メディア授業Distance Learning Course
  • 備考Remarks
    使用言語:その他または複数言語
  • 実務経験のある教員等による授業科目Taught by instructor(s) with practical experience
  • 学内単位互換科目としての受講可否Availability for inter-departmental credit transfer
    不可

授業の到達目標Objectives to be Attained

SEQ 1

DP観点 / Diploma Policy
Target Category
B(思考力・判断力・表現力等)
①英語の基礎的な語彙・文法・用法を修得する(知識・理解)
②生の英語の速度やリズムに慣れ、聞き取ることができるようになる(技能)
③英文の内容を正確に早く読んで、理解できるようになる(技能)
④自律的な英語学習者になるよう、積極的に学習に取り組むことができるようになる(態度・志向性)

授業の概要Method of Instruction

本授業で使用する以下のテキストは、TOEIC Listening and Readingテストのスコア500点以上を目指す英語学習者を対象に作成されています。無駄なく無理なく英語力を伸ばし、スコアアップにつなげるための教材です。そのため、英語基礎力の養成に重点を置きながら、同時に実際のコミュニケーションの場面で必要となるリスニング能力とスピーキング能力、特に様々な音読活動を通して発音力を磨きます。

事前・事後学習、時間等Study Required outside Class(Preparation, etc.)

本授業は講義科目です。授業回毎に以下、2コマ相当(200分)の自主学習を求めます。
・事前学習(予習):テキストの当該箇所に出てくる未知語の意味を下調べし、リスニングのパートで特に単文を扱うパートについては、できるだけディクテーション(書き取り)をして置いてください。(5割)
・事後学習(復習):授業中に正解できなかった設問は、再度トライしてください。(5割)

授業計画(各回の授業内容)Course Outline

  • 1回目Session 1 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    スタートアップ授業(授業の進め方やその他必要な説明を施す)、Unit 1 Travel Step 1
  • 2回目Session 2 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 1 Travel Step 2
  • 3回目Session 3 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 1 Travel Step 3
  • 4回目Session 4 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 1 Travel Review Quiz, Unit 2 Dining Out Step 1 and 2
  • 5回目Session 5 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 2 Dining Out Step 3
  • 6回目Session 6 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 2 Dining Out Review Quiz, Unit 4 Entertainment Step 1 and 2
  • 7回目Session 7 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 4 Entertainment Step 3
  • 8回目Session 8 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 4 Entertainment Review Quiz, Unit 5 Purchasing Step 1 and 2
  • 9回目Session 9 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 5 Purchasing Step 3
  • 10回目Session 10 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 5 Purchasing Review Quiz, Unit 9 Advertising Step 1 and 2
  • 11回目Session 11 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 9 Advertising Step 3
  • 12回目Session 12 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 9 Advertising Review Quiz, Unit 10 Meeting Step 1 and 2
  • 13回目Session 13 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    Unit 10 Meeting Step 3, まとめと復習テストに関する解説
  • 14回目Session 14 対面授業 (Face-to-Face) 事前・事後学習 Study required outside class(Preparation/review):200分
    復習テスト

教科書・テキストTextbooks

番場直之 他、“Score Booster for the TOEIC L&R Test : Intermediate”(金星堂、2019)

参考書等References

なし

課題の種類・内容Homework, Assignments, etc.

各 Unit 修了後、Review Quizを実施します。Quizの内容は、語彙(和訳)と文法(空所補充)です。14週(最終週)に復習テストを実施します。復習テストの内容は、全てのパートを対象にしますが、応用問題は出しませんので、間違った箇所を中心にしっかり復習して置いてください。

課題に対するフィードバックの方法Feedback Method

Review Quizの各スコア(15点満点)は実施後できるだけ早く、平均スコア(マックス15点)については、第13週にお知らせします。

成績評価Evaluation

成績評価の方法 / Evaluation Method

本授業では、各到達目標の達成度を基準として、下記の方法と割合により成績評価します。
・平常点:25%(到達目標①②③④)
・Review Quiz:15%(到達目標①)
・復習テスト:60%(到達目標①②③)
また、この授業では:
・定期試験期間中に試験は実施しません。
・TOEIC IPテストのスコアを成績評価に反映させます。評価方法につきましては、初回の授業時に配布する表に記載の通りとしますが、未受験者は成績評価が1段階下がりますので、くれぐれもご注意ください。

観点別評価の入力項目(ルーブリックとその使用方法) / Target to be Evaluated

SEQ 1

DP観点 / Diploma Policy
Target Category
B(思考力・判断力・表現力等)
成績評価の規準 / Evaluation Criteria
DP観点「B」については、1)事前学習に基づく授業内での解答の正答率と音読活動への積極的参加度(Max 100%)、2)Review Quizの平均点(Max 15点)、3)復習テストのスコア(Max 60点)の3つの観点から総合的に評価します。なお、単位認定には、いずれの観点も以下の「評価尺度(水準)」において、「目標下限水準」以上であることを条件とします。
評価尺度(水準)/ Evaluation Scale
卓越水準 / Outstanding
事前学習に基づく授業内での解答の正答率と音読活動への積極的参加度が90%以上、Review Quizの平均点が13点以上、復習テストのスコアが54点以上
目標到達水準 / Excellent
事前学習に基づく授業内での解答の正答率と音読活動への積極的参加度が80%~89%、Review Quizの平均点が12点、復習テストのスコアが48点~53点
目標途上水準 / Good
事前学習に基づく授業内での解答の正答率と音読活動への積極的参加度が70%~79%、Review Quizの平均点が10~11点、復習テストのスコアが42点~47点
目標下限水準 / Adequate
事前学習に基づく授業内での解答の正答率と音読活動への積極的参加度が60%~69%、Review Quizの平均点が9点、復習テストのスコアが36点~41点
近接水準 / Inadequate
該当なし
評価不能 / Unevaluable
評価に値する情報が十分に無く、あるいは上記の水準に値せず、能力としての評価に不適
成績評価に関するその他の確認事項 / Other Information for Evaluation
病欠や部活動の遠征などで止むを得ず欠席した場合は、近日中に証明書を提出してください。理由なく欠席回数が4回以上になると単位認定ができなくなりますのでご留意ください。

履修上の注意Other Course Information

基本的には、日本語6割、英語4割を目安に授業を実施します。