シラバス - 日本文学A(2)

  • 科目名Subject Name
    日本文学A(2)
  • 担当者名Instructor
    長谷川 薫
  • 単位Credit
    2
  • 履修年次Standard Year for Registration
    1-4
  • 学期Term
    前期
  • クラスClass
  • 曜限Day/Period
    月曜1時限
  • 教室Classroom
    ダミー教室
  • 備考Notice
    日本文学(2)

    使用言語:日本語
  • 実務経験のある教員等による授業科目Taught by instructor(s) with practical experience

授業の到達目標Objectives to be Attained

 日本文学の根幹とも言われる古典和歌、特に恋の歌について学び、理解することで、当時の言語、物、心についての意識にせまる。さらにそこから今日のあり方を逆照射するきっかけとしたい。

授業の概要Method of Instruction

Ⅰ 設定したテーマに適当な歌を取り上げて、以下の3点を中心として古典和歌の「恋」の表現性について検討する。
① どのような歌詞があり、どのような意味で使われ、どのような働きをしているか。
② ①をふまえると、その詞を使った歌はどのように解釈されるか。
③ なぜその詞が使われたのか。  

Ⅱ とりあげた歌からテーマに応じた問題設定を行い、その解決を試みる。

事前・事後学習、時間等Study Required outside Class(Preparation, etc.)

複数回にまたがってテーマの講義が行われる場合、継続してレジメを持ってくること。

授業計画(各回の授業内容)Class outline

  • 1回目Session 1
    テーマ1 恋の歌はどのようにして恋の歌ととらえられているのか
  • 2回目Session 2
    テーマ2 恋の歌詞①「恋」の字を直接持つ詞「恋の病」
  • 3回目Session 3
    テーマ2 恋の歌詞②「恋」の字を直接持つ詞「恋の奴」
  • 4回目Session 4
    テーマ3 古今集の恋の歌
  • 5回目Session 5
    テーマ4 後撰集の恋の歌
  • 6回目Session 6
    テーマ5 物と名と表現①獣に寄する恋の歌
  • 7回目Session 7
    テーマ5 物と名と表現①獣に寄する恋の歌
  • 8回目Session 8
    テーマ6 物と名と表現②異名の恋の歌
  • 9回目Session 9
    テーマ6 物と名と表現②異名の恋の歌
  • 10回目Session 10
    テーマ7 評価されない恋の歌−「六百番歌合」顕昭の歌−
  • 11回目Session 11
    テーマ7 評価されない恋の歌−「六百番歌合」顕昭の歌−
  • 12回目Session 12
    テーマ8 恋の贈答歌
  • 13回目Session 13
    テーマ9 本説取りの恋の歌
  • 14回目Session 14
    テーマ10 本歌取りの恋の歌
  • 15回目Session 15
    前期まとめ

教科書・テキストTextbooks

なし

参考書等References

必要に応じて適宜紹介する。

課題の種類・内容Homework, Exercises, etc.

期末レポート課題
「古典和歌における恋の表現」について

課題に対するフィードバックの方法Feedback Method

オンラインテキストでの課題に適宜コメントする。

成績評価の方法・基準Evaluation Criteria/Method

提出レポートの評点に授業の出席、ミニレポートの評点を加えて、総合的に評価する。

履修上の注意Other Comments

レポートを必ず提出すること。