シラバス - 日本文化論A

  • 科目名Subject Name
    日本文化論A
  • 担当者名Instructor
    西村 将洋
  • 単位Credit
    2
  • 履修年次Standard Year for Registration
    2-4
  • 学期Term
    前期
  • クラスClass
  • 曜限Day/Period
    月曜1時限
  • 教室Classroom
    4-101
  • 備考Notice
    使用言語:日本語
  • 実務経験のある教員等による授業科目Taught by instructor(s) with practical experience

授業の到達目標Objectives to be Attained

【到達目標】諸外国との国際関係を踏まえながら日本文化を理解する力を身につける
本講義では以下の4点に関する知識と能力の習得を目指す。
・明治期を中心とする日本文化論についての基礎的な知識を習得する。
・近代日本と欧米諸国の異文化交流の歴史に関する基礎的な知識を習得する。
・歴史的な事例の分析を通じてグローバルな問題意識を養う。
・様々な異文化交流に関する事例を学びながら受講者の主体的な判断力を養う。

授業の概要Method of Instruction

【テーマ】国際日本文化論:明治時代を具体例として
日本文化を考えることは「私」の意味を問うことと似ている。たとえば「私」を強く意識するようになるのは自分の隣の「他者」を意識した時ではないだろうか。そんな「他者」との〈関係〉(接点やズレ)を認識しながら「私」は形成されるのである。それと同様に「日本」文化を「他国」の文化との〈関係〉に注目して考察すること、それが本講義のテーマである。
授業では主として明治時代に発表された日本文化論を解説しながら、それぞれの日本文化論に現れた諸外国の文化との〈関係〉を考察する。具体的には、地理学、武士道、茶道、日本美術などの領域を取り上げる予定である。その際、日本人による日本文化論のみならず、欧米及びアジア諸国における美学や思想についても取り上げる。
また授業では画像や映像資料などのマルチメディア教材を用いて、日本文化の立体的な理解を目指す。

事前・事後学習、時間等Study Required outside Class(Preparation, etc.)

本科目は講義科目である。授業各回に以下のように、2コマ相当の自主学習が求められる。
・教科書の該当ページ(又は配布プリント)を、授業前に必ず精読してくること(20%)。
・教科書に記されている用語等については、図書館の関連書籍や辞典などを参照して事前に調べておくこと(40%)。
・「課題の種類・内容」欄に記したように、受講生には【確認レポート】と【理解度チェック】を課すので、毎回の講義内容については各自がノートにまとめて復習をしておくこと(40%)。

授業計画(各回の授業内容)Class outline

  • 1回目Session 1
    オリエンテーション:吉田戦車のマンガで「日本」を考える
  • 2回目Session 2
    志賀重昂と地理学的日本論(1):「名もなき風景」の発見
  • 3回目Session 3
    志賀重昂と地理学的日本論(2):ターナーの絵画と風景革命
  • 4回目Session 4
    志賀重昂と地理学的日本論(3):富士山イデオロギーと夏目漱石
  • 5回目Session 5
    新渡戸稲造と武士道(1):札幌農学校というトポス
  • 6回目Session 6
    新渡戸稲造と武士道(2):武士道の歴史と徳目の体系
  • 7回目Session 7
    新渡戸稲造と武士道(3):武士道とキリスト教 +【確認レポート】
  • 8回目Session 8
    岡倉天心と風流の思想(1):美の形而上学
  • 9回目Session 9
    岡倉天心と風流の思想(2):ヘーゲル美学の変奏
  • 10回目Session 10
    岡倉天心と風流の思想(3):「見えないもの」の美学へ
  • 11回目Session 11
    千利休と古田織部の美学について +【確認レポート】
  • 12回目Session 12
    ジャポニスムと日本人(1):ジャポニスムとフランス印象派
  • 13回目Session 13
    ジャポニスムと日本人(2):ロンドン日本人村とオリエンタリズム
  • 14回目Session 14
    ジャポニスムと日本人(3):日本イメージのダブルバインド
  • 15回目Session 15
    まとめ:日本人と異文化交流:【理解度チェック】とその解説

教科書・テキストTextbooks

大久保喬樹『日本文化論の系譜』、中公新書、2003年

参考書等References

なし(ただし講義の発展的理解に関する参考文献については適宜講義中に紹介する)。

課題の種類・内容Homework, Exercises, etc.

・受講生には2回の【確認レポート】を課す。これは講義後半の時間を使って行う小レポートであり、授業内容と自説の2点を論述するものである。具体的な日程は上記「授業計画」を参照すること(但し実施日は一部変更となる場合がある)。小レポート実施日の講義内容も含むため、授業への出席を必須とする(つまり【確認レポート】実施日に欠席した場合の後日提出等は認めていない)。
・15回目の授業は前半の時間を使って【理解度チェック】を実施する。これは本講義の全体的な内容に関する小テストである。それを引き継ぐかたちで授業後半の時間に小テストの解説を行う。この解説によって本講義全体のまとめを行うとともに、学習した内容のさらなる定着を目指す。

課題に対するフィードバックの方法Feedback Method

【確認レポート】での回答を踏まえながら、授業内容のさらなる定着のために、翌週の授業前半の時間を利用して講義内容の補足的な説明を行う。

成績評価の方法・基準Evaluation Criteria/Method

・【確認レポート】(30点×2回=60点)と【理解度チェック】(40点)で評価する。
・授業への出席を成績評価の前提とするため、欠席は減点対象とする(1回欠席するごとにマイナス5点とする)。
・5回以上授業を欠席した場合は、原則として単位を認定しない。

履修上の注意Other Comments

・授業中の配布資料は、原則として後日取りに来ても欠席者には配布しない(ただし病欠や公欠など、やむを得ない場合の欠席については個別に対応するので、授業当日のうちにメール等で担当教員へ連絡をすること)。
・上記の「授業計画(各回の授業内容)」は一部変更となる場合がある。