シラバス - スポーツ実習I(7)

  • 科目名Subject Name
    スポーツ実習I(7)
  • 担当者名Instructor
    高野 一宏/町田 由紀子/黒田 次郎/續木 智彦
  • 単位Credit
    1
  • 履修年次Standard Year for Registration
    1-4
  • 学期Term
    前期
  • クラスClass
  • 曜限Day/Period
    月曜1時限
  • 教室Classroom
    ダミー教室
  • 備考Notice
    使用言語:日本語
  • 実務経験のある教員等による授業科目Taught by instructor(s) with practical experience

授業の到達目標Objectives to be Attained

身体運動やスポーツが心身の健康作りやその維持に有効であることは広く認められている。しかしながらそれらを定期的に継続して実施していくことは非常に困難なことでもある。本実習では身体運動、スポーツが個々健康に対して有する意義について理解し「身体運動の生活化」を図ることを目的に、多様な形態の身体運動やスポーツを実施するものである。
本実習は、基本技術の習得及びルールを理解し、ゲームを行うことによってスポーツの楽しさを体感することをテーマにしている。この授業を受講することにより、集団での共通目標や役割分担を認識する態度(規範を理解し守る)と安定性を育成する。また、スポーツマインドを涵養し、自分が持っている能力(リーダーシップ、コミュニケーション力、フェアプレイ精神等)を認識した主体的行動力を養う。
また、リモート講義で学習した内容を実技で実践することによって、健康を保持・増進するために身体運動・スポーツをどのように活用していけばよいかについて習得することを目的とする。

授業の概要Method of Instruction

スポーツを通じて学生間の交流、親睦を深めることも目的とし、全学部、全学年でクラスを編成し、対面方式による実習を8回、リモートによる講義を7回で構成する。

事前・事後学習、時間等Study Required outside Class(Preparation, etc.)

スポーツ実技はリモート授業の内容を踏まえて実施されるため、事前に復習してから対面授業に臨むこと。
リモート授業の課題は授業後も継続して実践することが望ましい。

授業計画(各回の授業内容)Class outline

  • 1回目Session 1
    オリエンテーション【対面】
  • 2回目Session 2
    ウォーミングアップ、ストレッチ【リモート】
  • 3回目Session 3
    スポーツ実技1【対面】
  • 4回目Session 4
    健康と運動【リモート】
  • 5回目Session 5
    スポーツ実技2【対面】
  • 6回目Session 6
    健康と休養(睡眠)【リモート】
  • 7回目Session 7
    スポーツ実技3【対面】
  • 8回目Session 8
    健康と栄養【リモート】
  • 9回目Session 9
    スポーツ実技4【対面】
  • 10回目Session 10
    ウォーキング(有酸素運動)−運動の心理的効用−【リモート】
  • 11回目Session 11
    スポーツ実技5【対面】
  • 12回目Session 12
    身体活動計画の作成と実践【リモート】
  • 13回目Session 13
    スポーツ実技6【対面】
  • 14回目Session 14
    西南の体育とスポーツ【リモート】
  • 15回目Session 15
    スポーツ実技7【対面】

教科書・テキストTextbooks

なし

参考書等References

なし

課題の種類・内容Homework, Exercises, etc.

課題に対するフィードバックの方法Feedback Method

成績評価の方法・基準Evaluation Criteria/Method

平常点(含む 技能点、協同学習活動点) 40%
リモート授業課題 35%
総括レポート25%

履修上の注意Other Comments

身体活動が授業の半分を占めるので、各自健康管理には充分配慮されたい。
リモート授業における身体活動を伴う課題を実践する際は、安全管理に十分配慮すること。